お風呂の水漏れやつまりを改善

お風呂場で排水溝につまりが発生する場合、髪の毛やシャンプー等のカスが溜まっていることが多いので、まずはての届く範囲に溜まったものを取り除く処置が必要です。1日の分はそれほど多くはなくても、毎日少しずつ溜まるとつまりの原因になります。見える範囲を取り除けたら、その段階で水を流して様子を見ますが、水があふれるほど溜まっている場合にはその下も良くない状態のことが多いものです。深部まで綺麗にするために使いたいのはパイプクリーナーであり、最近の商品は優秀ですので強力なタイプを利用すれば一気に流れるようになります。

つまるのは髪の毛やシャンプーだけでなく、シャンプーボトルのキャップやシャンプー等の替え用パッケージが入ってしまうこともあります。大きなものでも排水溝の仕組みによっては手が届かないほど奥の方に入ってしまうことがありますが、取れないからと色々試していくうちに更に奥に入ると大変です。少し試してみて取れなそうなら、諦めて業者を呼ぶのがお勧めであり、業者ならこの程度のつまりはすぐに直せます。水漏れに関しては、パッキンの劣化が主な要因です。

パッキンは使えば使うほど摩耗してき、水漏れが発生しやすくなります。特に水圧が高いと摩耗スピードが速いので、短期間のうちにすぐにダメになってしまうこともあります。パッキンが理由の水漏れなら交換するだけで済みますので、自分で対処しましょう。いざという時のために、パッキンのストックを持っておくのも良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする