水漏れやつまりを確認した後の対応

水漏れを確認したら、まずは応急処置をします。状態が酷くてどんどんあふれているような時には、早急に修理の依頼をしつつ、周りに影響が波及しないように最大限の対策を行います。一軒家であっても床が水浸しになったら大変ですので、できるだけ床までいかないように策を講じる必要がありますし、集合住宅の場合には階下の住民に被害が及ばないように注意しなければなりません。水漏れの場合には、給水管と排水管のどちらから出ているのかをチェックして、漏れ出ている所を特定したらテープで補強しましょう。

また、その下にバケツや雑巾を置いて滴り落ちてくる水をキャッチします。つまりに関しては、その間使わないようにするのが一番の策です。つまりの原因が特定されている場合には自分で取り除き、それだけで直ってしまえば業者への依頼は必要ありません。直らなければ原因を突き止めてもらう必要がありますし、必要な策も講じてもらわなければなりません。

見える部分に関しては比較的対処が容易ですが、見えない部分は難しいようです。緊急処置を施したら、水漏れでもつまりでも良い業者を選んで修理を依頼することになります。特に水漏れは時間との戦いになりますので、すぐに手配しましょう。夜間でなかなか見つからない場合であっても24時間対応してくれるところを探す必要がありますが、最近では24時間対応してくれる業者も決して珍しくはありません。

ただし、追加料金は発生します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする