改めて考えたいトイレの詰まりと水漏れの問題

トイレは経年劣化により、いつしか詰まりが起きたり水漏れが起きてしまうことがあります。水道管や給水タンク、洗浄水や排水口、手洗い場が設置されている以上、トラブルはいつかは必ず起きるといっても過言ではありません。症状が軽く、簡単に修理できる範囲であれば、DIYで直したり修理専門店に依頼をして直してもらうことには全く問題はないと判断できます。ところが、詰まりや水漏れの症状が重く、トイレが15年以上使っている場合では、改めて行動を考えてみることは適切です。

詰まりに関しては、専門店に任せると、基本はどのような状態でも直すことは可能です。おもちゃなどをお子さんが落としてしまい、取れない位置で挟まってしまったというような事例以外では、直すことはできます。水漏れのケースではパッキン交換程度で済ませられる場合は軽度ですが、パーツ交換が必要になったり、漏れている箇所が床下の場合、止水栓が原因となっている場合で、15年以上経過しているトイレの場合は、十分な検討が必要です。止水栓や床下配管を交換するだけで、10万円を超えてしまう修理料金になることも決して珍しいことではありません。

古いトイレを修理するのに10万円を費やすことは、今後を考えるとマイナスになる可能性もあります。長く住むことを決めている住宅の場合、トイレのフルリフォームを行っても18万円から25万円程度で済ませられることが多い範囲です。修理の専門店のスタッフと十分な話し合いを行ってみてから決めても遅くはありません。専門店は修理だけではなくリフォームも仕事範囲にしている場合が多いので、対応できる会社を探すことで納得した結果にできるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする