水漏れなど水道トラブルの修理を行うには

水漏れなどの不具合を修理をしないまま放置していると、後で様々なトラブルに発展してしまう可能性があります。漏れた水が多くなれば床や家具などに被害が広がり、水道代が高くなるだけでなく買い替えなど新たな出費が必要になることもあります。マンションなど賃貸物件の場合は、自分の部屋だけでなく下の階まで被害が広がるとよりトラブルが大きくなります。水漏れを見つけたら、できるだけ早く水道工事店に修理を依頼してください。

修理を依頼する時には、その水道工事店が指定給水装置工事事業者かどうか確認する必要があります。指定給水装置工事事業者とは自治体に申請を行い、適正な工事ができると認められた水道工事店のことです。給水装置の設置などの作業は給水区域の自治体に指定を受けている事業者にしか行えません。特に配管を伴う工事は指定給水装置工事事業者にしか行えない作業で、もし許可を受けていな工事店に依頼すると後で問題になることが考えられます。

その地域の水道管理をしている自治体から水道法に違反していると判断されると、最悪の場合給水を止められる場合もあるので注意してください。パッキンなど蛇口の部品の交換で水漏れのトラブルが改善される場合は、DIY的に素人でも作業が行えます。しかし配管などが必要になるような場合は、素人が作業を行うことは出来ません。素人が勘で作業を行うとかえって被害が広がり、トラブルが大きくなる可能性があります。

配管が必要なトラブルは、指定給水装置工事事業者に依頼した方が安全であり確実に解決することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする