水漏れトラブルと修理のポイント

水漏れトラブルは原因を見つけることが先決です。もしも自分で原因が分からない場合は、プロの修理業者に任せた方が無難です。しかし水漏れトラブルは一刻を争うので、とりあえず自分で応急処置をする必要もあります。基本的にはどのような水漏れトラブルであっても、そこに流れる水道を利用してはいけません。

そこの水道を使ってしまうと、より被害が拡大してしまうからです。応急処置に入る前に床や壁に漏れてしまった水を雑巾で拭き、屋内の換気をして下さい。濡れたままではそこの箇所が傷んでしまいます。排水管をたどっていくと、接合部分を見つけることができるはずです。

少しの衝撃や地震によってナットが緩んでしまい、そこから水漏れトラブルが起きていることも考えられます。そのような時はナットを締め直すだけで修理ができます。排水管が破損して水漏れが起きている時は、隙間ができないようにビニールテープを巻き付けて下さい。水を流しても漏れてこなければ応急処置は完了です。

排水管というのは水の出口ですので、水道を使っていない時は漏れることはありません。もしも水道を使っていないのに漏れているなら、それは給水管のトラブルということになります。それを確かめるためには家中の水道を全て止め、水道メーターをチェックしましょう。どこかで水が漏れていればメーターが回転しているはずです。

応急処置を完了したら速やかにプロの修理業者に修理を依頼しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする