水漏れトラブルと修理

突然の水漏れトラブルが発生すると誰もが焦ってしまうものです。しかしどこで水漏れトラブルが発生しているのかを、冷静に突き止めることを考えましょう。まずはナットが緩んでいないかを確かめます。ナットを締めても水漏れが止まらないなら、他に原因があるので止水栓を止めてから確認作業を行ないましょう。

止水栓を止めてから修理を行なうことは大事なことです。水道代が上がるのを防ぐ意味もありますし、感電を防止するという意味もあるからです。止水栓はハンドルかバルブが付いていますが、ペンチなどで強引に作業を行なうと壊れる危険性があるので注意しましょう。マイナスドライバーを使うならサイズに合ったものを使うようにして下さい。

止水栓は屋外のメーターボックスの中にあるのが一般的です。時計回りに回すと水を止めることができるのですが、水を止めると家の中の水道は全て使えなくなります。トラブルが起きている箇所だけを部分的に止めたい場合は、水道の近くに設置してある個別の止水栓を止めることで対応できます。水道トラブルの中で多いのはパッキンの劣化です。

パッキンは消耗品なので定期点に交換する必要がありますが、パッキンの交換だけで修理できれば修理代は安く済みます。レバー式やサーモスタット式混合栓は構造が複雑なので、知識の無い人が触ると状況が悪化する可能性もあることを覚えておきましょう。そのため修理が難しい場合はプロに任せた方が良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする