水漏れトラブルの原因と修理

水漏れのトラブルが起きる原因として最も多いのは水道管部品の経年劣化です。水道関係で使われている部品の耐久年数は、約7年から10年と言われています。従ってその期間に水漏れが起きた場合は、部品が寿命を迎えた可能性が高いです。部品を取り寄せて交換すれば修理することもできますが、もし在庫が無ければ本体を新しく買い替えることになります。

トラブルの原因として次に多いのは、部品の故障や接合部分の緩みです。接合部分の緩みであれば、締め直すことで修理することは簡単です。部品の故障であれば交換部品があるかどうかをメーカーに問い合わせることになります。また水道管自体が破損していることもあります。

寒冷地では凍結によって水道管が膨張して破損することも少なくありません。排水管が詰まって逆流し、外に溢れ出すこともよくある原因です。パイプが取り外せるようであれば、中を掃除してみると改善することもあります。パイプの中の掃除にはブラシの付いた長いワイヤーを使うのが良いでしょう。

水漏れのトラブルには様々な原因がありますが、大事なのはどこで発生しているのかを確認することです。それによって対処法や必要な部品も違ってきます。自分で修理できるレベルの水漏れもありますが、大掛かりな工事が必要な場合は、無理をせずに専門業者に任せることが賢明です。まずは水漏れトラブルの状況を説明し、費用や修理内容について確認してみることが良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする