デカフェの意味とメリット

デカフェとは最近よく耳にする言葉ですが、簡単に言えばカフェインレスのことです。ノンカフェインとも言われます。EUでは99.9%カフェインを取り除いたものをデカフェと呼びますが日本では特に規定はないようです。本来カフェインのはいっているコーヒー豆からカフェインを取り除いたものですが、その方法も数種類あり、有機溶剤を使用する方法もあるので残留量を考えると注意が必要です。

デカフェはコーヒーだけでなく紅茶専門店でもアールグレーなどのデカフェを扱っているお店もあります。以前はコーヒーや紅茶、緑茶にカフェインは付き物で体に良い作用もあるとのことで特保のドリンクにもわざわざカフェインが入っていたり、栄養ドリンクや風邪薬などにも入っていましたが、最近はノンカフェインという言葉をよく目にするようになりました。コーヒーも、豆をひいたものだけなく、インスタントでもノンカフェインが数種類の会社から出ています。ノンカフェインを求める人の理由はさまざまです。

妊娠をされてる方や、カフェインに過剰に反応してしまって、じっとしていられなくなったり眠れなくなったりする方、また、パニック障害などの精神疾患をお持ちの方もおそらくお医者様からカフェインは避けた方が良いと言われていることでしょう。紅茶や緑茶でもデカフェのペットボトルが発売された今、以前は飲めていて味は好きなのに何年も飲めずに、もう一生、紅茶も日本茶もコーヒーも飲めないのかと諦めていた方には嬉しいことです。カフェインレスであれば安心して時間も気にせずに香りを楽しんでリラックスして飲めるのでありがたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *