デカフェの特徴について

ここ数年、世界及び日本でもデカフェというコーヒーが、大きなブームとなっています。そのため、デカフェを出す喫茶店がニュースになったり、大手飲料メーカーが関連製品を販売開始したりしています。では、そのデカフェとは一体何なのか、といえば、カフェインの極めて少ないコーヒーのことを指します。そして、カフェインレスのコーヒーはコーヒー豆からカフェインを取り除くことで製造されますが、カフェインを除去する方法がいくつもあって、その方法によって、その質や風味も変わってきます。

まず、有機溶剤を使用してカフェインを除去する方式がありますが、安全性の問題から、最近はあまり注目されていません。現在、最も注目されている除去法は二酸化炭素を利用したもので、この方式なら、コーヒーの風味を損なわずにカフェインを除去することができます。デカフェはもともと、妊婦の人たちがお腹の中の子供にカフェインが与える影響への配慮から一定の需要はありました。しかし、最近では一般の人が、夜遅くに飲んでも普通に眠れるコーヒーを味わいたい、という思いから飲み始めるケースも増えています。

特に海外では、デカフェは普通に社会に溶け込んでいるくらい普及していますが、日本では、まだまだ海外ほどは普及していません。しかし、炭酸ガスを使用した除去法の普及などで、美味しい製品が作れるようになった現在、多くの業界関係者は今後、大きく伸びていくジャンルと予測し、激しい競争が日本でもすでに始まっています。オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *