レギュラーコーヒーをおいしく淹れるために

レギュラーコーヒーとは挽いた豆で淹れるコーヒーのことで、インスタントコーヒーに対してレギュラーコーヒーとよびます。淹れ方も様々で、一番一般的なのはペーパードリップがあります。このほかにもネルドリップやサイフォン、フレンチプレスなどがあります。豆の種類も200種類以上あると言われ、産地や焙煎方法によっても味が異なります。

いくつか例をあげると、「キリマンジャロ」はアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロの麓で栽培されます。味は甘いコク、上品な香りがあり酸味と苦みのバランスがとれた雑味のない味わいです。「グァテマラ」はメキシコのホンジュラスに位置しており、降雨量の多い火山灰の壌土で栽培されます。果実香の酸味がやや強く、苦みもバランスよくあり、ストレートで飲むのとより味わいがわかります。

「コナ」はハワイ島のコナ地区のみで栽培されるコーヒーです。トップクラスの高級コーヒーとして知られており、豊かな香りとまろやかな口当たりで後味はすっきりとしています。このように豆にも様々な種類がありますので、飲み比べてみて自分好みの豆を探してみるのも良いのではないでしょうか。また、豆だけにこだわるのではなく、美味しいレギュラーコーヒーを飲むためには淹れ方にもこだわりたいものです。

コーヒーを入れるための水は水道水を使う場合、浄水器を通したり、淹れる直前に汲むなどして新鮮な水を使うようにします。そして器具は清潔なものを使うこと、カップは温めておくことがおいしく淹れるのに重要になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *