ドリップコーヒーとは

ドリップの言葉の意味は、しずく、点滴、水滴のことで、コーヒー豆に熱湯を静かにポタポタと注ぎ、蒸らしながらこして作ったコーヒーをドリップコーヒーといいます。

ポットに沸かしたお湯をコーヒーの粉に注いで作るハンドドリップ式とコーヒーメーカーなどのマシンを使う方法があります。ハンドドリップ式は、布か、紙のフィルターを使用しますが、布の方がコクがでやすく、ペーパーフィルターの方は香りが立ちやすいのが特徴です。ペーパーフィルターの方が手軽に使えるので家庭ではペーパーフィルターが主流です。

ドリップコーヒーを美味しく作るには、鮮度の良いコーヒー豆を使用するのはもちろんですが、コーヒー豆は湯を注ぐ直前にミルで挽く、器具やコーヒーカップを温めておく、湯の温度は96度前後に保つ、湯を落とすタイミングに注意して最後まで蒸らしながら抽出するなど手間をかければ、かけたぶん確実に美味しくなります。コーヒーメーカーも原理は同じですが、機械がお湯を沸かし注いでくれるので、ミルで挽いたコーヒー粉と水をセットしてスイッチを入れるだけで後は自動でコーヒーが出来上がります。

ハンドドリップのような微調整はできませんが、最近はコーヒーメーカーの中にミルが内蔵されているものや蒸らす機能がプログラムされてあるマシンもあり、本格的なドリップコーヒーが作れるようになっています。コーヒーは、熱と空気によって味が変化しやすい飲み物なので抽出後は、長時間にわたって加熱保温せずになるべく30分以内に味わいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *