ドリップコーヒーを美味しく淹れるコツ

自分で直接ドリップコーヒーを淹れている方も多いでしょう。

丁寧にドリップコーヒーを淹れると、雑味が一緒に出てしまうことが避けられ、こんな味にしたいというコーヒーに自分で調整することも可能です。一方で、豆が同じでも、いつも均一の香味にはなかなかならないのもコーヒーが持つ奥深さとも言えます。また、ドリップコーヒーならではの楽しみがあるのも大きな魅力です。コーヒーの好みの飲み方、焙煎した時の出来栄えなどによって、それぞれ特長が出せるドリップの仕方を模索する楽しみもあります。

まず、自分好みのコーヒーはどんなタイプかを考えてみましょう。そして、そのコーヒーがどんな方式で淹れられるかをチェックしてみます。その時の気分や飲み方に応じて、一度自分にとって最高の淹れ方を探してみるのがお勧めです。もちろん、香り豊かなコーヒーの基本になるのは、新鮮で高品質なコーヒー豆です。ただし、ドリッパーの選び方は、個々のコーヒー豆が持っている魅力をどれだけ沢山引き出せるかが重要なポイントになります。

つまり、「特定のドリッパーを使えばいつも美味しいドリップコーヒーができる」と考えるのではなく、このコーヒー豆には、このドリッパーを使えば、自分が好む味をしっかり抽出できる、という考え方をすることです。器具のタイプによって、引き出される味の特徴も変わってきます。また、同じ器具でも、挽き方や湯を注ぐ温度によっても味は変わりますし、ドリップする時間によっても異なります。自分が美味しいと感じるコーヒーはどのようにドリップすれば良いか、探究するのもドリップコーヒーの醍醐味です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *