ドリップコーヒーをおいしく淹れる

ドリップコーヒーには二種類あります。

ハンドドリップと言われる手で入れるタイプとメーカーを使うタイプです。ハンドドリップは熟練の技が求められます。コーヒーの淹れ方に関する本には、淹れ方が説明されています。本の通りに行うことは簡単ではありません。豆はすべて異なるため、一律の方法で淹れることができないからです。また自分では、マニュアル通りにしているつもりでも、そうでないこともあります。有名なコーヒー店でも機械を使って淹れています。機械は、設定どおりに動くため非常に正確です。

毎回同じ味を出すことができます。家庭でドリップコーヒーを淹れても、おいしくない場合は方法を間違っている場合もあります。たとえば、必ず少しずつお湯を入れないといけないと考えている人もいます。確かに高品質のコーヒー豆は、少量のお湯を回すように入れる必要があります。

品質が高くない豆を使うときは、逆にゆっくり入れることで雑味がでてしまいます。多めのお湯を使い短時間で淹れることがポイントです。短時間で淹れることで、うまみを一気に引き出します。お湯の温度にも注意して、豆に応じて温度を変えることが大切です。お湯の温度が高すぎるとおいしくなりません。ドリップコーヒーは奥が深く、上手に淹れることは容易ではありません。熟練するためには、おなじ粉で何度も行ってみることが必要です。おいしい一杯を味わうのは至福の時間です。苦労した甲斐があったと感じるひと時もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *