ドリップコーヒーの淹れ方

ドリップコーヒーとは、挽いたコーヒー豆にお湯を注ぎ、布や紙で濾したものを言います。

コーヒー抽出液を乾燥させた粉末に湯を注いで作るインスタントコーヒーとは根本的に淹れ方が異なります。豆の挽き方と湯の注ぐスピードを変える事によって、味の濃淡をつけることが可能です。ドリップコーヒーを作るには、コーヒーメーカーなどの器具を使う方法と、全て手作業で淹れるハンドドリップがあります。

器具を使う・コーヒーメーカーを使う…挽いた豆と水をメーカーにセットする・サイフォンを使う…蒸気圧の差で湯を移動させる器具であるサイフォンを利用する・コーヒープレスを使う…容器内に挽いた豆と湯を入れ数分待った後豆をプレスする、専用器具を使うハンドドリップで淹れる・ペーパードリップ…ドリッパーに濾紙をセットした中に挽いた豆を入れ、上から手で湯を注ぐ・ネルドリップ…布をフィルターとしてコーヒー液を濾しとるそういった手間をかけずとも、紙のフィルターに一杯分のコーヒー豆がセットしてあるものが市販されており、湯を注ぐだけで気軽にドリップコーヒーを楽しむことができます。

持ち運びが可能なため、湯が用意できる場所であれば、自宅以外の場所であってもすぐに本格的なコーヒーが飲めるのが利点です。淹れたてのコーヒーの香りには癒し効果もあると言います。ひと手間加えるだけでインスタントコーヒーにはない風味と鮮度を味わうことができ、器具や淹れ方を追求することによってさらにコーヒーの奥深さを感じ取ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *