翻訳会社で働くための資格と働き方

海外で出版された書物を日本国内で販売する際は、翻訳されたスタイルで販売されるのが一般的です。

経済・心理学・エッセイ・小説などあらゆる分野の海外出版物がありますが、この書物を日本語に訳す際は必ず翻訳会社が仕事を請け負っています。翻訳会社で働くための最小限の条件は、語学力が堪能でなければいけません。英語ならば4年生大学を卒業されており、英検ではなくTOEICなどのより難易度の高い試験で好成績をおさめられている方が望ましいです。

翻訳会社の大半で英語だけではなくフランス語・イタリア語・中国語・スペイン語など多岐にわたる言語で仕事を請け負われている為、これらの語学に堪能な方ならば働けるチャンスはあります。語学力をクリアし、実際に働きたいという意志をお持ちの方はまず社団法人日本翻訳協会が主催する「JTA公認翻訳専門職資格試験」を受けて合格することを目指しましょう。この資格がなくても採用されることはありますが、より有利に就職と仕事を決められるポイントになります。

この試験で求められるのは、語学力と文章作成能力・表現方法で翻訳家としてなくてはならない能力値を判定されます。実際に仕事をおこなう上で欠かせないので、試験を受けないよりも受けておくに越したことはありません。無事翻訳家として翻訳会社で働くことになった場合、主に在宅ワークが中心となります。

多くの場合、専属ではなく業務委託というスタイルを取られるのが翻訳家という仕事なので自宅でご自身のペースに合わせて仕事をすることが可能です。そのため、本業としてはもちろんのこと副業にもしやすい仕事です。堪能な語学力をお持ちの方なら、一度チャレンジしてみる価値はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *