失敗しない翻訳会社の選び方

翻訳会社へ発注する内容が多くなればなるほど、担当する人の数が複数のなることもあります。

同じ一冊のマニュアル本だとしても担当者によって言い回しが異なることもあります。例えば、「コンピュータ」と「コンピューター」です。意味は同じで些細な違いであれば修正は簡単ですが、「機能は使われる」を「機能を使う事ができる」というような言い回しが異なれば、伝わり方の印象も変わりますし修正も困難になってきます。

注文をするときにあらかじめ、担当者を一人にしてもらえるか尋ねるか、必ず複数の人は必要な場合は特定の表現を統一して欲しいという条件を提示しておく事で解決する事ができます。文章の量が多く納期が短期間という事で、必然的に複数で作業を行わなければいけないこともあります。初めから複数で分業して作業をする前提である翻訳会社もあるので、ある程度の専門用語のばらつきは許容する事が必要なケースも考えられます。

あまり細かい注文をつける事で、納期が遅れてしまったりコストがさらにかかる可能性もあります。どうしても譲れないポイントに重きを置いて翻訳会社へ伝えておく事で効果を発揮します。メールの文章や社内連絡などで、万が一言葉使いに間違いがあってもトラブルになりにくいものは初めからプランのランクを落とすこともできます。目的に応じてプランの選択・間違いの修正などを行っていくことで、余計なコストや時間をかけることなく効率的に翻訳をする事が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *