翻訳会社は個人経営ではなく法人を選ぼう

翻訳会社の中には、企業としてではなく個人として翻訳サービスを提供しているところも少なからず存在します。

企業としてサービスを提供している会社に関しては、質の良いサービスを提供してくれるというある程度の保証が存在します。実際に、翻訳サービスを提供している会社の多くは、アフターサービスをきちんと行っています。仮に悪い翻訳が提供されたとしても、後で修正の相談することができるようにもなっているわけです。しかし、副業でこういったサービスを提供しているところに関しては、アフターサービスで修正を行うことができない可能性があります。

実際に、翻訳を実施している個人に関しては納品物を納品したらその段階で契約が終了してしまうことも非常に多いです。フリーランスで活躍している人達は、個人で契約を獲得しているというわけではなく、仲介サイトなどを利用してサービスを利用している可能性もありますので、クライアントからするとそういった人材はリスクが高い可能性が高くなります。

また、翻訳会社に関しても実はフリーランスに対して下請に出しても翻訳文を納品しているということもありえます。こういったことに巻き込まれないようにするためにも、変な翻訳会社に相談しないように気をつけなくてはいけません。優秀な翻訳会社は、こちらから原稿を渡した段階でスタッフの対応からどのような会社であるのかということを把握することができます。そのため、そういった点を参考に良い会社を探して行くと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *