翻訳会社の相場も把握してから利用を検討していく

日本に訪れる外国人や在留外国人が増え、日本国内であっても外国語に対応する場面が増えています。

街中にある案内標識や販売されているコスメ商品や日用品、家電製品などさまざまなものに対して外国語表記が必要になっています。外国語表記は官民問わず必要になっていますが、簡単な案内であれば翻訳ソフトや多少英語が得意な人であれば可能ですが、本格的な仕様や注意喚起の場合には専門的な言い回しなどが求められます。翻訳ソフトや素人では対応しきれない部分をカバーするために、翻訳会社を活用することになります。

翻訳会社によっては、データが揃っていれば提供後最短で即日対応から納品もすぐに行われます。提出する資料は基本的にはデータタイプでえ行われますが、翻訳会社によってはデータでなくてもメモ書き程度で対応可能なケースもあります。些細な思い付きからメモを取った文章であっても臨機応変に対応が可能な業者もありますので、利用する会社を選ぶときのポイントともなりえます。翻訳会社によって依頼費用の形態は異なりますが、1文字単位で費用を見積もり会社もありますし、1ページ単位で費用を見積もりケースもあります。

依頼頻度や翻訳するボリュームによっては、独自で契約を結んで年間契約やプロジェクト単位で契約を結び、一般的な費用よりも一回あたりの利用費用を抑えることも可能な場合もあるので、自社の利用頻度やボリュームで使い分けをすることがおすすめです。一般的な費用は1文字あたり安くて10円、1ページ単位であれば安くて5000円程度が相場となっています。価格だけで選ぶと仕上がりや納期などのトラブルが発生することもありますので、費用に関しては相場を意識しながら、内容などから選ぶようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *