翻訳会社の玄人にビジネス文書の翻訳を頼む

ビジネス文書の翻訳はなかなか一筋縄ではいかぬ作業です。

学校の英語のテストなどは、いわゆる教科書的な和訳でOKです。ある意味で問題を考える側が日本語に訳す事を最初から想定しているため、比較的シンプルに訳せます。翻って欧米諸国在住のクライアントやユーザーの方が執筆したEメールやビジネス文書については訳すのは少し大変であり、行き詰まりを感じたら早めに翻訳会社に相談しましょう。

翻訳会社の多くがビジネス文書や仕事系のEメールの和訳に対応しています。ごく少量からの依頼もOKであり、英文を読みやすい日本語に訳してくれるため、欧米のクライアントやユーザーが意図する内容を正しく読み解けます。会議やプレゼンで使う文書が、機械的な和訳になっていると参加者に誤解を与えかねません。翻訳会社のプロは機械的な和訳ではなく、元々の文書のニュアンスと現地の文化的な背景なども読み取り、日本人でも分かりやすい表現にアレンジします。

このアレンジのスキルこそ本職の翻訳家だけが持つ技能です。高度なビジネス文書の翻訳を依頼したい時は、その分野に精通した玄人が在籍する翻訳会社にしましょう。例えば医療系やIT系の英文の場合、その分野特有の専門用語が文書に頻繁に登場します。最新の医療用語やIT分野の流行言葉を知っている玄人翻訳家に依頼した方が当然和訳の品質は上がります。大事な資料を作成したい時はコストを惜しまず、大手の翻訳会社を利用し、在籍するスペシャリストを指名してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *