翻訳会社にどのような人材がいるのかを調べておこう

翻訳会社で働きたいという人は非常に増えています。

これは、フリーランスの数が増えてきたことと無関係ではありません。フリーランスという立場上、特定の会社とだけ関係を結ばなくても色々な会社でサービスを提供できるようになっているからです。実際に、公募の翻訳会社の求人は少ないという傾向があります。経験の価値を必要とする職業であるため、新卒者では見つけられず世界的に発展している経験豊かな人材が多い傾向が存在します。

しかし、これは依頼人にとっては考えなくてはならない重要なポイントの一つでもあります。翻訳された文書をインターネット経由で投稿する仕事はたくさんあります。しかし、国内外の文書を翻訳して分かりやすくするためには、依然として多くの経験が必要です。現場での投稿経験を積む方法もありますが、フリーランスで仕事を請け負っているときにはこうした機会を設けることが難しくなります。

たとえば、専門家であれば原稿を日本語から英語に翻訳し、英語から日本語に翻訳したり医療分野や金融分野での製造などの非常に特殊な分野を翻訳することができます。一方で、フリーランスは一部の知識に偏っておけば問題ないため質の偏りが生まれるケースがあります。

相談をするときには、こうした翻訳会社の人材の内情をきちんと理解しておく必要があります。翻訳をしてくれた人が実はネイティブではなかった場合には、本当にその翻訳が正しいのかがわからなくなってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *