商品の説明書の翻訳を翻訳会社に依頼するメリット

近年は日本企業の海外進出が非常に顕著になり、日本国内で企画した商品を海外で販売する機会が非常に増えています。

一般的に商品を販売する際には取扱説明書を添付することになりますが、海外でこの商品を販売する際には海外の環境に合わせた取扱説明書を添付することが非常に重要となります。その内容は日本人向けの取扱説明書の内容とは異なり、現地の文化を適切に理解し様々な表現に工夫したものでなければなりません。

日本語単に翻訳しただけではその解釈の違いから様々なトラブルを発生させてしまうことが多いのです。しかし日本の企業の多くは現地の文化をあまりよく知らずに輸出をしてしまうことも多く、この場合には誤った使い方により問題が発生してしまうことが少なくありません。

さらに現地の状況によってはその問題の原因が製造者にあると判断されてしまうことも多いため、取扱説明書の翻訳にあたっては十分な調査確認をしなければならないんです。そのため日本の企業の多くは翻訳会社に取扱説明書を翻訳させる方法をとることが多くなっています。

翻訳会社はそれぞれ専門的な分野を持っており、また対象とする国についてもそれぞれ特定をしていることが多いため現地の文化を熟知した適切な翻訳をすることが多いのです。国によっては明確な表現がなされていないと記載されていない使い方をした場合にはその責任は全て製造者にあると考えられてしまうことも多く、その国の風土と文化をよく理解した上で適切な翻訳をすることが要求されるため、翻訳会社が翻訳した場合は企業自身が翻訳した場合とは大きくその内容が異なることが多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *