翻訳会社選びに失敗しないためには

翻訳業界でもオンライン化が進み、ざっと検索するだけでも多くの翻訳会社が表示されます。

料金の安さだけに注目して発注してしまうと、想定していた仕上がりとは異なり、結局は自分で修正する羽目にもなりかねません。ここでは、翻訳を発注する際に確認すべきポイントを3つ取り上げます。まず、どの分野のどのような文書を依頼するのかを明確に伝える必要があります。

例えば、IT関連・経済・医学などの分野やWEB媒体用の記事・特許文書・電気機器のマニュアルなど、多種多様な文書が考えられます。翻訳には、言語知識はもちろん、それぞれの専門分野の知識に精通していることが必須です。翻訳会社には、各専門分野に精通した翻訳者が在籍しており、適切な翻訳者に担当してもらうことが重要なのです。

次に、スケジュールをしっかりと打ち合わせすることです。緊急の案件で急いでほしいのか、あるいは納期に余裕があるのかで、翻訳会社の対応も変わってきます。ある程度ボリュームのある文書で納期に余裕がある場合は、翻訳料金の割引きに応じてくれる可能性があります。

また、熟練の翻訳者のスケジュールを確保しやすくなるでしょう。最後に、意訳・原文に忠実な翻訳・おおよその内容がわかればよいなど、どの程度の仕上がりを希望しているのかを伝えます。何に使用する文書なのか、誰が読むためのものなのかを意識するとよいです。

例えば、あなたの社内会議で使用する資料であれば意訳で充分でしょうし、特許文書であれば正確な翻訳が求められます。訳文を使用する目的に応じて、翻訳会社や翻訳者を使い分けるとコストの削減にも繋がります。

納品された翻訳が希望していたものと違っていたというミスを極力防ぎ、修正作業に多大な時間を割くことのないよう、以上3点に注意して最適な翻訳会社を見つけてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *