難解過ぎる洋書は翻訳会社にお任せしましょう

英語の試験で良い点を取る事と完璧な和訳が出来る事は別のスキルです。

英語力があると翻訳の仕事も得意なのでは、と誤解されやすいですが、実際は別々の才能が要る事です。有り体に言えば、英語の試験は基本的に教科書通りの問題が出題され、和訳と英訳も機械的にしても問題はありません。直訳ではいけませんが、意訳する部分は少なく、受験英語は特に対策を練る事で比較的簡単に良い評価が出せます。

翻って英文で構成された医学書や欧米の思想家が記述した論文などは、読み解く事が非常に困難です。単純に複雑な言い回しや英単語が使われているから、といった理由がありますが、更に英語圏の文化や歴史的背景を知っておかなければ適切なニュアンスが抽出し難いためです。

例えば「織田信長のような性格」といった日本語表現は日本人同士では歴史的な背景を共有しているため、この表現だけで「短気だが実務家タイプな性格だろう」といった推測が成り立ちます。

英語力があっても英語圏の文化や歴史的な出来事に明るくないと、難解な洋書の翻訳はまず円滑に運びません。難解な洋書や資料の和訳が必要な時は無理をせず翻訳会社に依頼しましょう。

無理に作業を進めてミスが頻発するよりも翻訳会社に最初から良い意味で任せきった方が結果は良くなります。昨今はお買い得な料金と迅速なスケジュールで仕事を請け負う翻訳会社があります。

見積依頼だけなら無償ですし、中には一部だけ本当に無料でお試し和訳してくれる翻訳会社があり、気軽に相談してみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *