翻訳会社の活躍状況について

世間一般には翻訳会社というものはあまり知られていない会社だと思います。

その名のとおり翻訳を行うことを業とする企業のことですが、企業活動においては翻訳が必要なケースが多々あります。

外国の企業と協定を結ぶ、契約を行うなどの際、和文を英文やその他の言語に翻訳する必要があります。

企業内に翻訳の専門家がいるというケースは非常にまれですので、そういったケースにおいては翻訳会社に委託する形で対応がなされています。

近年は中国や韓国といったアジア圏の企業と取引を行う国内企業が増えてきており、中国語や韓国語(ハングル)への翻訳に対応できる翻訳会社に人気が集まっているようです。

その他、大学などでも翻訳会社を利用するケースが多いといえます。

世界的に論文を発表したいという場合、英語として発表することが推奨されますが、雑務で忙殺されている教授陣には英訳をしている時間的余裕がない、というのが正直なところです。

そういったケースの場合、専門的知識を有する翻訳会社に委託するケースが多いようです。

大学の研究費から支弁することが可能なので、科研費や研究助成金を利用して支払うケースも多いようです。

他人に委託することを嫌う人もいないではありませんが、本当にスピーディーに、良い翻訳をしてくれる専門家が増えてきていますので、良質の翻訳をしてもらえると有名な教授陣からも高く評価されているところです。

グローバル化のなか、こういった傾向はより強まるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *