翻訳会社で働くことは

語学にある程度自身がある人であれば、翻訳会社で働いてみるという手があります。

これは何も翻訳会社に就職することだけを指しているわけではありません。

もちろん社員として就職する道がないわけではありませんが、ほとんどの翻訳会社では、実際に翻訳作業を行っているのはその会社の社員ではなく、フリーで契約している外部の人たちです。

これは言い換えれば、いま既に会社員など本業を持っている人であっても、副業として翻訳活動を行えるチャンスがあることを示しています。

仕事をしている会社が副業を明確に禁止したりしている場合は別ですが、今ではそういう会社は少ないでしょうし、そもそも本業に悪影響を及ぼしたりしない限りは、勤務時間以外の私的な時間を何に使おうがそれは個人の自由です。

つまり、語学に自信のある人であれば、翻訳会社に登録だけしておくというのは決してマイナスにはなりません。

もちろん、登録だけしておいても翻訳の仕事がない限りは別に収入が入るわけではありませんが、登録料などが発生するわけでもありません。

グローバル化が進む現在、翻訳の仕事は増えることはあっても減ることはまずなく、翻訳をしてくれる人は引く手あまたの状態ですから、ちょっとした収入くらいにはなるかもしれません。

登録時にはこれまでの経験のほか、実際に文章を翻訳してみてそれを提出するといったことも行われます。

これらは全て無料ですから、腕試しのつもりでやってみてもよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *