翻訳会社はこれからが大変

翻訳会社はこれからが大変になるといって間違いありません。

というのは翻訳ソフトが自動で翻訳をするようになったので、翻訳会社の出番が著しく少なくなってきているという現状があるからです。

翻訳会社はこれから大きく業務転換をしていく必要性が出てきていることになります。

最近の翻訳ツールは無料で使えるうえにモバイル端末に入っているので、これに対抗して頑張ってもまずコストパフォーマンスで勝つことが出来ません。

ですから、翻訳会社はこれから専門性の高い分野で生き残り戦略を考えていく必要があるという事になるでしょう。

そして正式文書など間違いが許させないところで業務をしていく事になると考えられます。

ただ、世界的に交流が深まっていくという事がありますから、需要そのものが拡大しているという事があって、しっかりと独自性を出していく事が出来るのであれば、生き残る事は出来るでしょう。

問題は翻訳の端末と競争をしない事という事が言えるのかもしれません。

機械と人間とが競争してまず人間が勝つことは出来ませんから、勝てるところで勝負をするという事を考える必要があります。

基本的には機械がまだ来ないと考えられるところで自分たちの独自性を出していくという事が必要になると思われます。

翻訳の業務そのものは多くなるはずですから、ここで自分たちの活躍の範囲を広げていって仕事を獲得していくという事が求められることになるといっても良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *