料金だけで翻訳会社を選ばないように

翻訳サービスだけに限ったことではありませんが、利用用金は安ければ安いに越したことはないのは多くの方の本音かとは思いますが、翻訳会社をそのような基準だけで選んだ方の中には、ひどい翻訳が納品されてしまし、多くの修正が必要になってしまうケースもあるようです。

安くしよと思い依頼したにもかかわらず、結果的には高くついてしまっては本末転倒というしかありません。このような失敗をしないためにも、翻訳会社を選ぶ際には料金以外にも必ず確認してほしいことがあります。例えば、ビジネス関連の文書と言っても、化学系、IT系、法律、会計など様々な分野がありますが、実際に翻訳者自身がこれらの分野に精通しているかどうかは、翻訳の質を大きく左右することになります。

公式ホームページに掲載された翻訳者の得意分野をしっかりとチェックすることは必ずしてください。(公式ホームページに、翻訳者の実績や得意分野が掲載されていない翻訳会社は検討の対象外とすることをオススメします)また、対象となる言語のネイティブチェック体制があるかも調べてください。

言葉の細かなニュアンスは、日本人の翻訳者だけでは、チェック仕切れないケースもありますが、ネイティブチェックが入ればこの点もかなり安心することが出来ます。もちろん最終的な判断は、この記事の読者の方に委ねるしかないところにはなりますが、是非今回の記事を参考に納得のできる翻訳会社を選んでいただけるよう願っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *