リスクを回避する契約書は翻訳会社の利用がおすすめ

GoogleやExciteなどのホームページを開けば簡単に翻訳する事ができます。

英語の歌詞を日本語に訳すとどのような意味になるのだろうとか簡単な英語を訳す時に役に立ちますが完全ではないのが辛いところです。例えば九州男児というものを英語で表現できないなどがあげられますが、無料なので致し方ない部分はありますし、今後こういったサービスはもっと進化していく事でしょう。そこでおすすめなのが翻訳会社を使ったサービスです。

主に用いられるのはビジネスの場ですが、威力を発揮するのが契約書関連と言えます。近年はグローバル化により日本国内だけではなく、海外法人との取引が増えてきた企業もたくさんあります。その中で契約の中身を精査する法務部門にもその言語を読める者を配置したりしますが、翻訳のレベルも疎らである事がほとんどです。それを避けるために翻訳会社を使って契約を結ぶ法人間で齟齬や認識誤りが発生しないようにしてくれるのです。翻訳会社のサービスは何も契約関連だけではありません。海外の新聞や映画、これらを日本語に訳してくれるサービスもあります。

日本語に訳すときは直訳するだけではなく、映画の場合は一番近い訳し方ではなく、ストーリーを壊さないようにあえて遠回りな表現をするなど、そこややはりプロの腕を感じます。海外の本を日本語訳にして発売される本もありますが、翻訳する人によってその本の内容が変わってくる事もありますので面白いものです。これからもグローバル化は進んでいこうでしょうからこういったサービスを提供していく会社が流行っていくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *