翻訳会社とネイティブスピーカーによるチェック

翻訳会社の料金の中には単純に日本語を英語にするだけの時の金額とネイティブチェックを実施した時の金額の2つを併記しているケースがあります。

ネイティブチェックとはネイティブスピーカーと呼ぶ人が翻訳した内容について確認を行い、表現がおかしい部分などを指摘するサービスを意味しています。ネイティブスピーカーはある言語を母国語として話す人の事を意味しています。例えば、日本在住の日本人の母国語は日本語であり、アメリカ在住のアメリカ人の場合は英語が母国語になります。世界には様々な言語があると言われていますが、ネイティブチェックは翻訳の質を高める事が出来るメリットを持っています。通常、翻訳会社の仕事は、コーディネーターにより外注スタッフに翻訳の依頼を行い、戻って来た原稿を別の翻訳者やスキルを持つコーディネーターが内容のチェックを行います。

翻訳するページ数が多い場合には、数名の翻訳者に発注が行われるケースもあるのですが、文言などを統一する目的で、別の翻訳者が全体の文章を読み返し、必要に応じて指摘を行うなどの校正作業を行っています。ネイティブスピーカーは、母国語を話す人であり、翻訳者ではありませんが、内容を確認した時に、自分の国ではこのように表現するなど、独特な使い回しを利用して翻訳の質を向上する事が出来ます。そのため、翻訳会社の料金には通常の翻訳料金とネイティブチェックを実施した時の料金が分けてあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *