翻訳会社の仕事内容と良い会社の見つけ方

翻訳会社というと一般の人が抱いているイメージは大勢の翻訳者がデスクを並べ、辞書を片手にパソコンに向かって翻訳原稿を入力しているといったものではないでしょうか。

しかし、実際はそれとは異なります。自社内に翻訳者を雇っている会社もありますが、現代は翻訳作業そのものは外部に委託しているところがほとんどです。翻訳の依頼を受け、外部の翻訳者に委託するというのが一般的な仕事の流れです。厳密には「翻訳仲介会社」と呼べるかもしれません。翻訳業が必要とされる出版業界や映画業界などのエンターテイメントの世界は、国際的な市場を舞台に展開されています。

翻訳に関しても多様な言語に対応する必要があるため、より需要があり、その言語に通じている数少ない優秀な翻訳者と提携することが、翻訳会社の成功に不可欠な要素となります。仕事を依頼する際に、良い翻訳会社を見つける方法が幾つかあります。まず、最も簡単で確実な方法は、質の良い仕事をしていると思えた書籍や映画のクレジットを調べ、そこに掲載されている会社を選ぶというやり方です。また、ホームページなどに掲載されている会社情報を参照し、多分野の業種の企業と取引している会社を選ぶのもひとつの方法です。様々な業界の企業と接していれば、それだけ専門性の高い用語に翻訳できる翻訳者と提携しているからです。

さらに、自社で翻訳者育成学校を経営している翻訳会社を選ぶという方法もあります。翻訳者になるためのハードルは高く、単に辞書を使って言語を訳するだけでは務まりません。常に新登場する専門用語を理解し、時代に合わせた表現で翻訳できなければプロとしては通用しません。そこで専門の学校を自社で作り、優秀な翻訳者を育てて雇い入れている会社があります。会社の規模だけではなく行っている事業の質と多様性に注目することが良い翻訳会社を見つけるコツです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *