よい翻訳会社の選び方

グローバル化が進んでいる今日の社会では、ビジネスにおける海外とのやりとりや学術研究などで、書類や論文の文章を翻訳する必要が出てきており、時間やスキルがないときは翻訳会社を利用することがあります。

その中で、よい翻訳会社を選ぶポイントがあります。何よりも信頼できる翻訳会社であるかどうかが大事です。値段が明確に提示されており、見積もり料金がわかりやすく正確である会社を選びます。会社によっては、納品後に追加料金が発生したり、ネイティブチェックが別料金であったりする場合もあり、安いところはそれなりのリスクがあることも考えて事前に確認しておくと良いです。次に、スタッフの対応が丁寧で誠実であり、守秘義務についても記述があり、問い合わせに対しても適切に対応してくれる会社を探すとよいです。納品後のフォローもしっかり対応してくれるかどうかは大切です。

納品後の問い合わせに対しても有料であったり制限があったりするため、事前に確認をしておくとよいです。また、翻訳を依頼してから納品されるまでのプロセスが明らかになっており、依頼原稿の量に対して適切な納期を提示しているところもポイントの一つです。量に対して早すぎる納期を提示された場合は質もあまり良いものではありません。最後に、翻訳会社に関する所在地や連絡先など基本的な情報が公開されており、クライアントの実績が具体的に書かれているかどうかも良い翻訳会社を見極める上で役に立つでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *