翻訳会社の正しい選び方

仕事で翻訳が必要だが社内に翻訳者がいない、また何らかの手続きなどで翻訳が必要だが周りに翻訳をしてくれる人がいない、という場合には翻訳会社に頼る必要がありますが、普段翻訳の依頼をしたことがないという方にとっては翻訳会社の選び方に悩むことがあるでしょう。

大雑把に言ってしまえば、大きな翻訳会社には登録されている翻訳者の数が多いため、専門分野に強い翻訳者がいたり、すぐに取り掛かってくれる翻訳者がすぐに見つかったりと、すべてにおいてスムーズだと言えます。更に、対応言語の幅が広い場合も多いので、英語や中国語以外の希少言語と言われる言語の翻訳は大手の方が良い場合があります。それ以外にも、大手では翻訳したものを編集して様々な形にして納品するサービスも充実しているので、パンフレットなどのデザインに翻訳を組み入れたい場合は、大手の方が良い場合が多いです。

中には、規模は小さくても、医療や法律などの専門性に強い翻訳会社や、希少言語に強い翻訳会社もあります。こういった内容の書類の翻訳を依頼する際は、こういった会社に発注する方が安全です。市内や近隣にある会社に依頼すれば、細かい打ち合わせができるというメリットがあり、小さい箇所の訂正などもスムーズに行うことができます。ネットを通して遠方の会社に頼むこともできますが、細かい部分を伝えたい場合や、何度もやりとりが想定される場合、メールだけでは説明が難しいと思われる部分がある場合は、やはり近くの会社の方が便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *