グローバルな会社を考えるなら翻訳サービスは必須

行ったこともない国の言葉で書かれた文書があり、内容が分からなくて途方にくれた経験がある方はビジネスマンの中には多くいると推測します。

英語・独語・仏語ならともかく中近東などの言語は単語すら理解できないものが多くて、説明書なのか、契約書なのか、どのような内容の文書なのかすら分からないことが多いものです。英語であっても、短い文書なら理解できることもありますが長い文書であったりすると細かいニュアンスが分かりにくかったり、まるで分からないこともあります。今は機械翻訳がありますから実行してみると、何となく内容が分かってきますが詳細は以前分かりません。

このようなとき、翻訳サービスを行っている会社を使うと便利です。翻訳サービスに依頼すると、翻訳機械が行った定型化された文書でなく、人が言葉を発したような人間味のある文章で翻訳してくれます。翻訳サービスに翻訳を依頼すると、依頼者の意図を汲んで元の文書を理解し、適切な言葉にしてくれますから求める精度の高い翻訳文章が手にできます。この点が機械翻訳とは大きな違いです。精度よく文書を紡いでくれる翻訳サービスですが、時間がかかることと料金が発生することがデメリット。しかしながら、ビジネスにおいて、相手の意図していることを知る上で精度の良い翻訳は必ず必要となりますので、この部分は省略することはできません。

グローバルなビジネス展開を目指す企業にとっては、大きなビジネスチャンスを逃すことになるかもしれませんから翻訳サービスは良質な会社を選ぶ必要があります。会社・個人さまざまな形態がありますが、得意な分野があります、多言語に対応できるようにするなら大手翻訳会社を、医療・薬あるいは特許関係など特化したものならその分野の技術系に強いところを選択する、などの対応をしておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *