Archive for 4月, 2016

合併症である糖尿病性腎症や女性に多いカンジダ症

男性は仕事の付き合いなどでお酒を飲む機会がよくあります。その際には脂肪分が豊富に含まれているものや、味付けの濃いものを食べることが多いはずです。また、ストレス発散のために、タバコを吸う人もいることでしょう。これらの生活を長く続けていると、メタボリックシンドロームのような症状を引き起こしますので、注意が必要です。
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪がたまりやすい男性がなりやすいものです。この症状の怖いところは、糖尿病を引き起こすリスクが高いことです。糖尿病になると様々な合併症が出ることになり、死に至ることもある恐ろしい病気です。
糖尿病性腎症という病気がありますが、糖尿病の合併症の一つになります。糖尿病性腎症になる原因は、血糖値が高い状態がしばらく維持されると、動脈硬化が進行し、腎臓の毛細血管が破壊されることで発症します。しかし、さらに奥に潜む原因については、まだはっきりとわかっていません。糖尿病性腎症は第1期から第5期まで分類されており、第1期と第2期は自覚症状があまり出ない特徴があります。第2期までに見つけることが、改善につながります。
一方、女性が多くかかる病気として、カンジダ症というものがあります。カンジダ症は主に、性器の周りにかゆみを伴います。性器の症状であることから、性病だと誤解されがちですが、性病ではなく、ストレスや寝不足、風邪などの免疫力が低下した時に発症することが多い病気です。
カンジダ症は体力が戻れば自然治癒しますので、恐ろしい病気ではありません。しかし、症状がひどいのなら、病院で治療を行うほうが、治りがよくなります。
特に妊娠中や、ピルを服用している女性がなりやすいですが、男性も普通に発症することはあります。