Archive for 9月, 2014

感染症治療薬は予防効果もある

手術後にはよく見られる疾患ですが、普段の生活の上にも起こりうる病気です。
原因はさまざまですが、一般的には細菌が感染することで起こされる病気の総称です。
生物が存在する以上は無くなることはない病気であり、その対処法もまた多岐に渡っています。
感染症は発症するまでは確認ができず、医療現場においても予防は困難です。
抗生物質が発明されてからは治療の兆しが見えましたが、耐性によってその形を変えることから治療法も常に変化せざるえません。
感染症治療薬は予防効果もあるのかと言えば、必ずしもそうとは限らないようです。
病原菌を特定することで、その病気に対抗できる薬品の開発も進んでいます。
微弱な感染症病原体から作るワクチンは、病原菌に対する免疫が高く予防に効果を発揮します。
ですが、全ての病原菌に免疫があるわけではないので、一種類のワクチンで感染症の全てを予防できるのではありません。
しかも、医薬品が患者に使われるのに対して、ワクチンは健康な人に投与し抗体を作ることを目的とします。
そのため、安全性に関しては必ずしも保証されてはいません。
一部の医薬品が特定の最近に対して予防効果があることは認められていますが、むしろ発症した際の症状の軽減に優れているといえます。