日本で多い感染症とその治療法

日本で多い感染症と言えば、代表的なものにインフルエンザがあります。
インフルエンザは、インフルエンザウイルスルの感染によって発症します。
インフルエンザに感染すると、38度以上の高熱が出たり、関節痛や食欲不振などの症状が現れます。
インフルエンザは毎年秋から冬にかけて感染者が増えるのが特徴です。
また、普通の風邪と症状が似ているので、勘違いする人が多いですが、インフルエンザは風邪薬では症状は緩和されません。
通常は1日から3日間の潜伏期間を経て症状がが出始めますが、インフルエンザを発症したら、早めに医療機関を受診することが大切です。
インフルエンザは主に薬物での治療法となります。
薬を服用し安静にすることが大事ですが、ほかの人にうつさないようにすることも大切です。
インフルエンザはくしゃみや咳をすることによってウイルスを拡散させてしまいます。
また、そのウイルスがドアノブや手すりに付着し、そこを触った人にも感染してしまいます。
さらには、空気中に浮遊しているウイルスを吸い込んでしまうことでも感染します。
インフルエンザに感染してしまった人は、ほかの人にうつさないようにマスクをすることが大事ですが、感染していない人もマスクをして予防することが望ましいでしょう。